2017年11月06日

『阿莉芙 ALIFU, THE PRINCE/SS』の王育麟(ワン・ユーリン)監督インタビュー in台北前編!

王育麟監督1ただいま台湾で絶賛公開中、東京国際映画祭の「アジアの未来」でも上映された『アリフザ・プリン(セ)ス(原題:阿莉芙 ALIFU, THE PRINCE/SS)』の王育麟(ワン・ユーリン)監督のインタビューです。
制作の経緯、脚本を5人で書いた意図、監督の作風である群像劇にという形にした理由、主役の舞炯恩(ウージョンアン)をどうやって探したのか、趙逸嵐(チャオ・イーラン)の起用の理由について聞いています。
(28′37″、通訳は西本有里さん)

『阿莉芙』王育麟導演的專訪錄音(上)。
內容是關於『阿莉芙』的製作過程、五位編劇的意思、“群戲”的目的、舞炯恩和趙逸嵐選角的理由。

記事はこちら

posted by パラ仔 at 11:52| インタビュー